Chromecast built-in なプロジェクターでミラーリングできない場合の対処

「Anker Nebula Capsule II」でミラーリングができずに検索される方がいるようなので、原因を推測して記事にします。

「Anker Nebula Capsule II」は持ち運んで使用できるのでネットワークが変化することがミラーリングできない要因だと予想します。
持ち運びに関係なくミラーリングできない方は下記リンクが参考になると思います。

何この汎用性!? Chromecastをお持ちならぜひ使いたいミラーリング機能
ただのテレビがネットに繋がるChromecast(クロームキャスト)ですが、「ミラーリング機能」はご存知でしょうか?パソコンやAndroidスマホの画面をそのままテレビに投影することができる機能です。(iPhoneは非対応)今回はミラーリン

屋内の持ち運びでミラーリングできなくなる場合

無線LANルーターなどが複数ある環境でミラーリングできないことがあると思います。

二重(多重)ルーターになっている

ミラーリングはミラーリング元(スマホなど)からミラーリング先(Anker Nebula Capsule IIなど)に、ネットワークを介して画面データを送信しています。
このためミラーリング元からミラーリング先にデータを届けることができるネットワーク環境が必要です。

ミラーリング元からミラーリング先にデータを届けることができないケースとして、二重ルーターがあります。
二重ルーターになっていて、ミラーリング元の機器とミラーリング先の機器が、異なるルーターに接続しているとデータを届けることができません。

二重ルーターは大丈夫?
二重ルーターは大丈夫?

「機能としてのルーター」と「製品としてのルーター(無線LANルーター含む)」が区別できていない方は下記サイトが分かりやすいと思います。

ネットの回線を分配してつなぐ機器を増やしたい・LANポートを増やしたい

ルーターを複数使用している場合、下流の無線LANルーターがルーター機能有効で動作していないか確認してみてください。ルーター機能無効なモードで動作させるには、アクセスポイント(AP)モードや、ブリッジ(BR)モードに変更してください。
もし、下流の無線LANルーターをルーター機能有効で動作させる必要がある場合は、ミラーリング元の機器とミラーリング先の機器を同一の無線LANルーターに接続してみてください。

屋外でミラーリングできない場合

「Anker Nebula Capsule II」はクライアント(子機。ネットワークに接続する側。キャリア回線で例えるとスマホ)にしかなれないので、アクセスポイント(親機。ネットワークに接続される側。キャリア回線で例えると基地局)を用意し、ネットワークを介して画面データを送信できるようにする必要があります。(基地局を介さずスマホ同士で通話できないのと同様に、クライアント同士で通信することはできません。)

用意するアクセスポイントは、ミラーリング元の機器をアクセスポイントにするのがいいと思います。(スマホなどは通常クライアントですが、アクセスポイントにもなれます。)
Androidなら「ミラーリング」「アクセスポイント」、Windowsなら「モバイルホットスポット」を有効にしてアクセスポイントを追加し、そこにミラーリング先の機器を接続ください。

ミラーリング自体はインターネットに接続する必要はありませんが、インターネットに接続できていないとミラーリング元の機器をアクセスポイントにできない場合があります。

ミラーリング元の機器をアクセスポイントにできない場合、別のアクセスポイント(モバイルWi-Fiルーターなど)を用意して、ミラーリング元の機器と、ミラーリング先の機器を接続してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました