SKフォレスター 純正ナビの取り外し

ナビ用のACC電源にアクセサリーソケットを増設するため、純正ナビを取り外しました。
車はフォレスター(18年式、SK)です。

取り外し方は「フォレスター ナビ 取り外し」で検索すればいくつか出てくるので、具体的な外し方は省き、あまり出てこない内容のみ記載します。

必要なもの

純正のナビが取り付けられている場合、ナビの盗難防止のためマックガードのナビゲーションロックで固定されています。

ナビゲーションロック | McGard Japan
Navigation Lockナビゲーションロックは、お車の部品の中でも比較的高価でかつ盗まれやすい部品であるカーナビの盗難を防止します。

ロックネジを外すためには、専用キーアダプターと1/4インチスクエアドライバーが必要です。

専用キーアダプターは納車時にディーラーからもらうはずですが、専用キーアダプターが手元にない場合はディーラーに相談してください。ロックネジを外すためのマスターキーは無料で手配してくれると思います。再度ナビを固定する時もマスターキーで、というわけにはいかないと思うので、新しいナビゲーションロックか通常のネジを用意しておいた方がいいと思います。ナビゲーションロックを用意する場合、型番は「H0077YA000」でした。私は手元になかったのでメルカリで購入しました。ちなみに、専用キーアダプターなどのナビゲーションロックは「ナビ取付キット」に含まれるため購入した記憶はないと思います。通常のネジを使用する場合、ディーラーに頼めばもらえると予想します。新車で取り付け時に、ロックネジに置き換えた分が余っていると思われるためです。

1/4インチスクエアドライバーはある程度の長さがあれば何でもいいと思います。Amazonで安いものだと下記のようなものがあるようです。私は近所のホームセンターで購入したので、この商品を使ったことはありません。

参考

エアコン吹き出し口と、ナビ上部の天板を外し、ナビを固定しているネジが露出した画像などを貼っておきます。ネジやツメの位置に印をつけました。取り外しの際に参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました