電源ランプが点滅し続けて使用できないという無線LANルーターを買った話(NETGEAR AX3000 RAX40)

電源ランプが点滅し続けて使用できないという無線LANルーターをフリマアプリで購入しました。
NETGEARの AX3000 RAX40 です。

ハード的な故障か、不揮発メモリに記憶されているプログラムの破損と予想しました。
NETGEARではプログラムが破損しても修復する手段があるようなので、試してみたく購入しました。
TFTPでファームウェアファイルを転送するようです。

ルーターが起動しない場合の復旧方法 | Answer | NETGEAR Support
ルーターの電源を投入してから数分経っても電源LEDがオレンジや点滅となっている場合は、ファームウェアが破損し起動できない状態になっている可能性があります。 この場合は、TFTPクライアントを使用して正しいファームウェアをルーターへ転送することで復旧できる場合があります。 本作業を実施するには、ネットワークの基本知識が必...

結論:起動できたので、おそらく正常品

最初に電源オンした後、電源ランプの点滅が数分続いたので、商品説明のとおり使用できないと思い放置していたところ、気付いたら正常に起動できていました。

BuffaloやNECに比べ、起動時間が長いだけだったようです。
一番最初の点滅時間は計測していませんが、点滅時間を計測してみると2分から3分でした。

楽天ひかりでPPPoEでインターネット接続できましたし、APモードでもインターネット接続できました。
確認できる不具合はありませんでした。

再現するか試したこと

使い方によっては電源ランプが点滅し続けるかもしれないので、正しくない使い方をしてみました。
無線LANルーター同士をLANポート同士で繋ぐ。というような基本的な間違いはしていないこととします。

アダプターを変えてみる

本体の記載は12V2.5Aでした。

再現するか確認するための最小限の使用です。
火災等の危険があるかもしれないので、付属のアダプターを使用してください。

12V1Aのアダプターを使用したところ、正常に起動しました。

5V3Aのアダプターを使用したところ、電源ランプは点灯しませんでした。

電源ランプが点滅し続けることはなかったので、アダプターを間違えたわけではなさそうです。

IPアドレスを重複させてみる

本機のLAN側IPアドレスは192.168.1.1のようです。

LAN側IPアドレスが192.168.1.1な別のルーターに、本機を接続して二重ルーターでIPアドレスを重複させてみました。

結果、本機のLAN側IPアドレスは10.0.0.1となり、正常に使用できているようでした。
電源ランプが点滅し続けることはありませんでした。

正常な機体でもTFTPでファームウェアを転送できるか

私には馴染みがなかったTFTPを試すのも購入した理由だったので、正常な機体でもTFTPでファームウェアファイルを転送できるか試しました。

結果、転送できませんでした。

私のやり方が悪かったのか、本機がTFTPで受信できるのがプログラム破損時のみなのか、について区別できていません。
ファームウェア更新中にアダプターを抜けばプログラムが破損するかもしれませんが、修復不能に故障するかもしれないため、実施しませんでした。

TFTPでファームウェアファイルを転送するために参考にしたサイトは下記です。

ルーターが起動しない場合の復旧方法 | Answer | NETGEAR Support
ルーターの電源を投入してから数分経っても電源LEDがオレンジや点滅となっている場合は、ファームウェアが破損し起動できない状態になっている可能性があります。 この場合は、TFTPクライアントを使用して正しいファームウェアをルーターへ転送することで復旧できる場合があります。 本作業を実施するには、ネットワークの基本知識が必...

Windows 10でTFTPクライアントを使う – nosense

https://www.netgear.jp/faqDetail/671.html
ネットワーク機器メーカーネットギアの情報サイト。個人から企業の中規模ネットワークまで、お客様のあらゆるニーズにお応えするスイッチングハブ、ネットワークストレージなどをご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました