Wi-Fi接続はできるが通信できないという無線LANルーターを買った話(WN-DAX1800GR)

Wi-Fi接続はできるが通信できないという無線LANルーターをフリマアプリで購入しました。
I-O DATAのWN-DAX1800GRです。

詳細不明ですが、I-O DATAの無線LANルーターを使用したことがないので、興味で購入しました。

回線・プロバイダは楽天ひかりです。

結論:通信はできるので、おそらく正常品

背面スイッチが「カスタム」の場合

「IPアドレス自動取得」、「PPPoE認証」、「IPv4 over IPv6(DS-Lite)」、「APモード」でインターネット接続できました。

背面スイッチが「オート」の場合

「IPv4 over IPv6(DS-Lite)」または「APモード」に自動で判断されインターネット接続できました。

接続が切れやすいということもありませんでした。

機体固有の不具合はなさそうでした。

仕様なのかファームウェアの不具合なのか分からなかったこと

I-O DATAの無線LANルーターを使用したことがないので、仕様なのか不具合なのか分かりませんが、うまくいかずに悩んだことなどを記載します。

機体固有の不具合ではないと予想しています。

特定のサイトを表示できないことがある

無線LANルーターの設定で、「インターネット(手動)」の設定を変更したあと、ヤフー(www.yahoo.co.jp)などのサイトを表示できないことがありました。
表示できないサイトは、PingコマンドでサイトのURLを実行すると、IPアドレスがIPv4形式のサイトでした。

Windowsの「ping」コマンドでネットワークトラブルの原因を調査する
pingはTCP/IPにおける最も基本的で、かつ重要なコマンドである。pingが通るかどうかで相手先のPCが稼働しているかどうか、そこまでの通信経路が正しいかどうかを検査できる。pingに応答すれば、そのホストは正常に動作しており、そこまでのネットワークのルーティングが正しく設定されているということが分かる。

アダプターを抜き挿しして再起動すると、サイトを表示できるようになりました。

「インターネット(手動)」で設定を変更したとき、自動で再起動しているように見えますが、念のため手動で再起動したほうが良さそうです。

背面スイッチが「オート」で無線LANルーターに接続しても「APモード」にならないことがある

IPv6(クロスパス)接続したWSR-2533DHP2に接続した場合、「IPv4 over IPv6(DS-Lite)」で動作しました。
無線LANルーターは物理的には直列に繋がっていますが、ネットワーク的には独立した並列なネットワークになってしまったようです。

PPPoE(IPv4)接続したWSR-2533DHPに接続した場合は、「APモード」で動作しました。

IPv6環境で、I-O DATAの無線LANルーターを複数使用する場合、手動で「APモード」にしたほうがいいかもしれません。

APモード(アクセスポイント)への変更方法 | IODATA アイ・オー・データ機器

コメント

タイトルとURLをコピーしました